MENU

脂肪肝の治し方とは?治療法と改善・対策のための運動や食事方法を紹介

「最近太り気味で体調がすぐれない」
「病院で検査してもらったら、脂肪肝だった」とお悩みではないですか?

 

身体に脂肪がつくと、自然と内臓にも脂肪がついていきますよね。
内臓でも一番脂肪がつきやすいのが肝臓です。
この肝臓に脂肪がたくさんついてしまう脂肪肝になってしまい放置していると、思わぬ病気になってしまうこともありますから要注意です。
こんな脂肪肝にお悩みの方に食事療法や運動で改善できる方法や脂肪肝の治し方をお届けしていきます。

 

このページの目次
  1. 脂肪肝とはどんな病気?治るの?
  2. 脂肪肝の治療法にはどんな方法があるの?
  3. 脂肪肝になった時はこんな食事療法で脂肪を落とそう!
  4. 運動も不可欠!こんな生活していませんか?
  5. 脂肪肝を治すためのおすすめの運動方法
  6. 脂肪肝に効果があるというサプリメントはどう?
  7. コーヒーが脂肪肝を予防する?
  8. 脂肪肝が改善した体験談
  9. まとめ〜脂肪肝にならないための対策〜

脂肪肝とはどんな病気?治るの?

 

脂肪肝は誰にでもなりますが、特に脂肪や糖分をたくさん摂取している人や肥満の人に起こる病気です。
内臓の中の肝臓と言う場所に、脂肪がつくことによって起こります。
本来なら肝臓の分解作用によって、脂肪分や糖分は分解されてエネルギーになるのですが、余分な脂肪分や糖分を摂取しすぎると、肝臓は分解できなくなり、余分なエネルギーとして肝臓にたくわえてしまうのです。
すると肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になってしまうのです。
病気としてはまだまだ治る段階の状態ですが、自覚症状がない病気ですから注意が必要です。
放置しておくと肝硬変や肝がんなど恐ろしい病気につながっていきますので、早期発見をして治療を行わなくてはいけません。

 

初期の段階の治療なら自分で行えますから、なるべく発見されたらすぐに治療を始めましょう。

 

もっと詳しく知りたい方は、下記のページをご覧ください。

脂肪肝の治療法にはどんな方法があるの?

1、食事療法で体重をまず落とすことが大事

 

脂肪肝を治すには、まず体重を落とすことが大切です。
そのためには食事療法を行うと良いでしょう。
無理なダイエットをすると、逆に脂肪肝になってしまいますから、無理は禁物です。
長い時間をかけてゆっくりと確実に脂肪を落とす食事療法が必要です。

 

2、運動療法も合わせて行おう!

脂肪肝になると、食事療法だけでも脂肪が少なくなる事はありますが、ゆっくりしたペースですすみますからダイエットと一緒で、途中で挫折する場合があります。
そこで確実に脂肪を減らしたい時は、食事療法と平行して運動療法も行うことが大切です。
運動療法は激しい運動をする必要はありません。食事だけで減らない分を運動療法で補う程度ですから、どなたでもできる運動で構わないのです。

脂肪肝になった時はこんな食事療法で脂肪を落とそう!

脂肪を落とすということは即ちダイエットになります。
そして脂肪肝に必要なことは、肝臓の機能を回復させることにも重点をおかなくてはいけません。
そのためには次のことを守って食事療法を行います。

 

1.アルコール性脂肪肝はアルコールをカットする

アルコールの多飲が原因で起こっているアルコール性脂肪肝の場合は、原因になっているアルコールをカットしなくてはいけません。
そして肝臓が機能回復するまで待ちましょう。

 

2.ビタミンの消費量が多くなるので、ビタミン補給をする

基本的にはダイエット中と同じで、ビタミンB1とB12の補給が非常に重要です。
さらに抗酸化作用のあるビタミンEを摂取すると、肝臓の炎症を予防できます。
以上の2点を中心に注意を行います。

 

メチオニンを摂る

そしてさらに積極的に取っておきたいのが、メチオニンを多く含む食材です。

メチオニンを多く含む食材・食べ物
  • 胸肉
  • かつお節
  • 削り節
  • しらす干し
  • しろさけの筋子
  • マグロの赤身生
  • きはだ
  • ひらめ
  • ダイズ
  • 高野豆腐
  • 干し湯葉
  • ごま
  • カシューナッツ

こういった食材を使う頻度をあげていけば、メチオニンをたっぷり摂取することができます。

 

コリンを摂る

メチオニンだけでなく、コリンを含む食材を豊富に摂取すると、さらに効果がアップします。
コリンには血管の壁にコレステロールがつくのを防ぐ効果や、肝臓に脂肪が付きにくくする効果があります。
つまりコリンを摂取すると、少なからず脂肪肝を予防することができるのです。

 

コリンを多く含む食材・食べ物
  • 豚レバー
  • たまご
  • 牛レバー
  • 大豆
  • えんどう豆
  • 牛肉
  • 豚肉

牛や豚肉のレバーを摂取すると、脂肪肝の予防になるというから不思議ですよね。
脂肪肝を予防するなら、同じ肉でも脂肪分の少ないものを選んで食べるようにしましょう。
肉なら脂身をとったり、胸肉やささみ豚ならヒレなど脂肪分の少ないところを使用したりすることが大切です。
この他にメチオニンやコリンを多く含む食材を使っていれば、脂肪肝を減らすことができます。

運動も不可欠!

食事の際に、脂肪分や糖分の多い食事を控えて、メチオニンやコリンの多い食事をしていれば、ある程度脂肪肝は改善されるでしょう。
ところが食事内容がまた元に戻れば、逆に簡単に脂肪肝に戻ってしまいます。
これを防ぐためには、食事療法だけでなく、運動療法も取り入れていくのが理想です。

 

1.こんな生活していませんか?

ジャンクフードが好きで、寝っころがって食べたりしていませんか?
アイスクリームやかき氷を一度に大量に食べたり、偏った食事をしながら、家からあまりでないような生活はしていませんか?
こんな極端な生活でなくても、今日も一日運動のひとつもしなかった…という方は案外多いのかもしれません。
ところが、この楽な生活が実は脂肪肝になるきっかけを作っているのです。

 

脂肪肝は運動していない方には特に多い疾患です。
余分な脂肪分が身体につき始めたら、当然肝臓にも付き始めていると考えて下さい。
だから脂肪が少しでも落ちるように軽いものでもよいので、日常的に軽い運動をすることが大切なのです。

 

2.運動療法は肝臓を休ませて、体重を落とすことが大切

運動療法を取り入れる時には、激しいものでなくてよいです。
とにかくまずは肝臓を休ませて上げることから始めます。
暴飲暴食やアルコールは禁忌です。
穏やかに血糖値があがるような食べ方をしながら、プラス運動を取りいれて体重を落としていきます。
ダイエットと同じところは、減量中は良質なタンパク質を取り入れることです。
脂身や糖質の高い食べ物を控えて、同時に運動を行います。

脂肪肝を治すためのおすすめの運動方法

1.誰でもできる簡単!肝臓を休ませる方法

まずは簡単なものから。
椅子に座り自分の足が水平になるように足をあげるという簡単にできる肝臓をやすませる方法です。

 

  1. 椅子と同じ高さの台を用意する。
  2. 椅子に座り、台の上に足をのせる。
  3. その状態で10分寝る
  4. ゆっくり起きる。

 

この方法は、誰でもできてよいのですが減量するほどの効果は全くありません。
この他に肝臓を休ませるためによい方法が、半身浴をすること。
半身浴は汗をたっぷりだして、新陳代謝をよくしてくれるため、弱った肝臓にはとてもよい方法なのです。
ひと肌より少し熱めのお湯で半身浴をじっくり行うことで、脂肪を燃焼する新陳代謝を活発にしてくれます。

 

2.最低20分の有酸素運動

脂肪肝の方に適した運動は、有酸素運動がおすすめです。
心拍数が120以上になり、少しきついなというくらいで、いつまでも運動を続けられるという気分になるのが大切です。
時間でいうとおよそ20分。これを毎日行います。もし「毎日20分も時間を取れないわ」という時は、無理をせず週に3回以上、一日の運動を数回に分けても構いませんので、続ける事が大事です。

 

運動の種類は?

脂肪肝を改善させるためには、有酸素運動をします。
運動の種類としてよいものは、

  1. 水泳
  2. ジョギング
  3. 散歩
  4. 体操

などです。

 

水泳は体重がひざにかかるのを防ぎ、ひざにとってもとても良い運動です。
ジョギングは走ることによって、心拍数を最大限にあげることが出来る上、自分で調節もできますからとてもやりやすいでしょう。
走るのはキツイが歩くなら出来るという方には、万歩計をつけて20分あるくとよいでしょう。
平坦な道を歩くのもよし、負荷をかけたければ少し勾配のある場所をあるくのもよし、とにかく自分が楽しく続けられることが大事なのです。

 

体操は全身を使って動き、血行をよくするため脂肪肝の方にはおすすめです。
体操の場合は、息を止めずにゆっくり筋肉が伸びるのを実感しながら行います。
例えば、両手を組んで上にあげたり、屈伸運動をしたり、アキレス腱を伸ばしたりといった簡単なもので構いません。
筋肉を動かしながら、すこし汗ばむ程度の運動ができればよいでしょう。

 

(参考文献:http://www.hosp-yame.jp/files/team_kanzo_62.pdf

脂肪肝に効果があるというサプリメントはどう?

「ウコン」や「マリアアザミのエキス」という、お酒の後に飲むようなサプリメントが肝臓に効果があると言われていますよね。
確かに「ウコン」は、肝臓に良いとされていますが、これが確実に効果があるとは未だ確率されていません。
ただサプリメントは補助的手段としては効果が見られる場合がありますが、飲まないよりは飲んでいた方が、肝臓になんらかの改善をみることができるのかもしれませんね。
ただし注意しておきたいのは、サプリメントの飲みすぎです、「ウコン」は飲みすぎると、貧血になってしまうこともあるようですから、飲みすぎにならないようにしたいものです。

 

また、シジミに多く含まれるオルニチンは、肝臓に良いとされています。
オルニチンサプリはTOPページでいくつか紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

>肝臓サプリランキング!口コミも紹介

コーヒーが脂肪肝を予防する?

サプリメントも補助的な手段ですが、今からご紹介する方法も補助的な手段です。
三越総合健診センターの船津和夫所長らの研究によると、なんと普段飲んでいるコーヒーにも脂肪肝を抑制する効果があったそうです。
どうしてコーヒーに脂肪肝を抑制する効果があったかというと、コーヒーの中に含まれるポリフェノールが、抗酸化作用があるため、脂肪肝に効果があるそうです。

 

特に非アルコール性脂肪肝が起こる時は、体内で活性酸素が派生するからだといわれていますから、この活性酸素を還元してくれるポリフェノールに効果があるのです。特に

 

ミルクや砂糖といった脂肪肝には大敵なものをいれない、ブラックコーヒーが良く、一日に2杯程度飲むのが、脂肪肝の予防になるようです。
コーヒーなら仕事の途中にも気軽に飲めるし、これなら続けられそうだという方が多いと思いますが、この方法もあくまで食事と運動療法をしているうえでの補助的手段ですので、勘違いのないようにしてくださいね。

脂肪肝が改善した体験談

ではここで、脂肪肝になった方の体験談をご紹介したいと思います。

 

食事で改善した方

脂肪肝が原因で、肝機能の数値が高かったのですが、食事療法中心と運動を行い、それから4ヶ月後の健康診断で一気に改善されました。(男性)

 

自分はお酒が飲めませんから、脂肪肝になるなんて思ってもみませんでした。
甘いものはまあまま好きですが、普段は仕事の合間に飴を数個食べる程度です。
医師にも体質の問題ではとも言われ、とりあえず食事に気を付けるようにしました。
それからは脂っこいものはなるべくとらないようにしました。それでもずっと脂肪肝という数値は変わらず、という状態でした。
でも最近ハーフマラソンに出場するようになってから、ほんの少しだけど健康診断の肝臓の数値がよくなっていきました。(男性)

 

運動で改善した方

15年前のことです。当時は仕事が忙しく、帰宅してもなかなか寝れないので、お酒を飲んで寝るようにしていました。
すると段々回数と量が多くってしまう生活になってしまいました。その結果、疲れがなかなか取れないので病院に行って診てもらったら、肝臓の数値が高値を示しているのと、脂肪肝と診断されました。
また、少し肥満傾向にある体型なので、脂肪肝を治すためには体重を減らすことが第一とも言われました。
それからは、病院の栄養指導により、食事と運動を組み合わせていくことに。
最初は食事療法を行い、その後順調に体重が減り始めたら、運動療法に切り替えました。
毎日30分のウォーキングが日課になり、おかげさまで脂肪肝は改善されました。(女性)

 

脂肪肝の診断を受けた2年後に職場を変わりました。
仕事をすぐに切りあげることが出来たので、帰宅途中にある運動場で週に2〜3回程度10qの距離を歩いたり走ったりすることをしました。
走ることを日課にしていると、仲間が出来るようになり、そのうちマラソンにでようかという事になりました。
段々やる気もでてきて、月に250〜300km走る様になりました。
それから半年で体重が15kgの減量に成功しました。(男性)

 

サプリメントで改善した方

食品関係の仕事をしていますが、試食することが多く、いつの間にか身体がだるくなっていくので診断してもらうことに。
すると脂肪肝だと言われてしまいました。
一度脂肪肝と言われると、なかなか脂肪がとれず、食事には気を付けるようになりました。
野菜、魚中心にして、炭水化物は半分にすることにしました。
食べる順番も野菜から食べるようにして、その後に肉や魚のタンパク質を食べて、最後にお米を食べるようにしました。

 

サプリメントも活用しました。DHAやEPAを摂取しました。
するとしだいに肝臓の数値がよくなっていきましたが、正常値なるまでには2年もかかりました。
正常になっても今でもサプリメントは服用しています。(男性)

 

職場健診で脂肪肝だと言われてしまいました。
初めは減量をしないといけないそうで、医師の指導のもと減量を行いました。
食事療法である程度は改善していましたが、なんとなく心もとないので、肝臓に良いと言われるオルニチンサプリも飲んでいました。
こってりしたものと炭水化物をやめただけで、脂肪肝がなくなりました。(女性)

まとめ〜脂肪肝にならないための対策〜

脂肪肝にならない為には、いくつかの対策が必要です。

 

アルコールはできるだけ禁酒する
脂肪分、糖質、炭水化物を減らす努力をする
運動は一日20分以上。無理なら週に2〜3回に分けて行っても可
サプリメントはあくまで補助的手段
食事はコリンやメチオニンをたっぷり使ったメニューにする

 

脂肪肝を改善するポイントは、主に上記の5点です。
できるだけこれを守って継続していくと、かならず脂肪肝は治っていきます。
継続は力なり!を思い出して、身体を今よりも引き締めるようにしていきましょう。

関連ページ

肝臓とはどんな機能?肝臓の働きや役割は?場所や大きさ、構造も紹介
肝臓サプリランキングでは、人気のおすすめ肝臓サプリメント10個を効果や成分、口コミなどを比較しランキングで紹介しています!しじみに含まれる肝臓に良いとされている成分、オルニチンの効果や効能と肝臓の機能や回復改善、脂肪肝についても掲載中です!
肝臓の病気の検査方法とは?どんな数値が出る?数値が悪いとどんな症状?
肝臓サプリランキングでは、人気のおすすめ肝臓サプリメント10個を効果や成分、口コミなどを比較しランキングで紹介しています!しじみに含まれる肝臓に良いとされている成分、オルニチンの効果や効能と肝臓の機能や回復改善、脂肪肝についても掲載中です!
肝臓疲労とは?疲れ・眠気・だるいなどの症状に注意!回復方法と原因紹介
肝臓サプリランキングでは、人気のおすすめ肝臓サプリメント10個を効果や成分、口コミなどを比較しランキングで紹介しています!しじみに含まれる肝臓に良いとされている成分、オルニチンの効果や効能と肝臓の機能や回復改善、脂肪肝についても掲載中です!
脂肪肝とは?症状や原因、正常数値と検査方法を紹介!脂肪肝になるとどうなる?
肝臓サプリランキングでは、人気のおすすめ肝臓サプリメント10個を効果や成分、口コミなどを比較しランキングで紹介しています!しじみに含まれる肝臓に良いとされている成分、オルニチンの効果や効能と肝臓の機能や回復改善、脂肪肝についても掲載中です!