MENU

肝臓サプリランキング!おすすめ人気商品10種類と口コミ紹介

元気な肝臓の画像

肝臓サプリランキングでは、人気のおすすめ肝臓サプリメント10種類を効果や成分、口コミなどを比較しランキングで紹介しています!

 

肝臓の数値が気になる方や朝から身体が疲れているという方、お酒好きだけど二日酔いが気になる、という方は肝臓サプリを飲み肝臓をケアすることで改善が出来るかもしれません。
肝臓に良いサプリメントを購入予定の方は参考にしてみてください!

 

 

オルニパワーの体験談の画像

肝臓サプリの比較ポイント5つ!

オルニチン(しじみエキス)含有量

一日の摂取目安量は400〜1000mg。
肝機能の改善・サポート、疲労回復、二日酔い改善・対策、成長ホルモンを促進する効果がある。

亜鉛含有量

一日の摂取目安量は8〜12mg。
疲労回復、免疫力の向上、肝臓の病気予防、肝臓の機能が低下するのを防ぐ効果がある。

アスタキサンチン含有量

一日の摂取目安量は6mg。
脂肪蓄積の改善・予防、肝機能のサポート、二日酔い対策効果がある。

牡蠣エキス含有量

肝機能の改善・サポート、肝細胞の再生サポート、脂肪蓄積の予防、二日酔い改善・対策効果がある。

価格

一日あたりの料金で比較しています。

 

 

オルニパワーZnプラスの画像

価格 初回特別価格
500円!
一日分の価格 初回一日16円!
評価 評価5の画像
オルニチン ◯:800mg
亜鉛 ◯:12mg
アスタキサンチン
牡蠣エキス
その他の成分 必須アミノ酸
ミネラル
ビタミン
たんぱく質
オルニパワーZnプラスのおすすめポイント

オルニパワーZnプラスは20年以上続く老舗の健康食品会社、ステラ漢方が開発した肝臓サプリメントです。
肝臓に良いとされる成分、オルニチン、亜鉛、アスタキサンチン、牡蠣エキスなどが豊富に入っています。
特にオルニチンは800mgと業界トップクラスの量が配合されており、肝臓サプリとして他のサプリより効果が高いのがポイントです。
また他のサプリは入っていないアスタキサンチンを含むことで、疲労改善や肝臓の負担を減らすことができます。
初回が送料込みで500円と試しやすいのと、2回目以降も23〜27%OFFで購入できるのも魅力ですね。

オルニパワーZnプラスの口コミ

オルニパワーZnプラスの口コミ画像飲んだらすぐ体がスーッとし、抽象的だが「元気になった」感じがした。オルニチンサプリはこういうものか、と驚きを隠せなかった。一度朝飲み忘れた日があり、夕方に飲んだら元気が出たので効果があったんだな、と実感した。(30代男性)

 

オルニパワーZnプラスの口コミ画像1試しにお酒を飲む前に飲んだら翌日二日酔いがありませんでした。最近はお酒が残ることも多かったのですが、朝起きた時のスッキリ感が全然違いました。(30代男性)

 

オルニパワーZnプラスの口コミ画像2健康診断ですぐに再検査するほどではないものの、数値が悪く気になっていました。飲み始めて半年後、数値が基準値に入っていてびっくりしました。(40代男性)

 

レバリズム・Lの画像

価格 初回特別価格
980円!
一日分の価格 初回一日32円!
評価 評価4.5の画像
オルニチン
亜鉛
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス
その他の成分 スクワレン
必須アミノ酸
シスチン
ビタミンB2
ビタミンE
レバリズム・Lのおすすめポイント

レバリズム・LはTVでも紹介された人気の肝臓サプリメントです。
肝臓に良いとされる成分、オルニチン(しじみエキス)の他にも牡蠣エキスなどを含むことによって肝機能をサポートしてくれます。
レバリズム・Lの特におすすめポイントは、スクワレンが含まれていることでしょうか。
スクワレンは新陳代謝を高め免疫力を高めてくれるので、肝臓の病気予防にもぴったりです。
レバリズム・Lも送料込みで980円と試しやすいのでおすすめです。

レバリズム・Lの口コミ

レバリズム・Lの口コミ画像1不規則な生活で疲れが日々たまっていて朝がいつも辛かったのですが、飲み始めて朝の倦怠感などがなくなり身体が楽になったのを感じました。(40代女性)

 

レバリズム・Lの口コミ画像ほぼ毎日お酒を飲むほどのお酒好きです。二日酔いも若い頃はあまりならなかったのですが、最近は翌朝だるく…そこでレバリズム・Lを試したところ、ダルさが大分マシになりました。(50代男性)

 

しじみにんにく極の画像

価格 初回特別価格
990円!
一日分の価格 初回一日33円!
2回以降55円!
評価 評価4.5の画像
オルニチン ◯:しじみ約500個分
亜鉛
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス ×
その他の成分 アリシン
すっぽんエキス
にんにく
鉄分
ミネラル
ビタミン
たんぱく質
しじみにんにく極のおすすめポイント

しじみにんにく極は10年も前からあり、ずっと販売数1位を取り続けている肝臓サプリです。
しじみ約500個分のオルニチン量が含有されており、その他にも元気になる成分「アリシン」を含んだにんにくや、気分がスッキリする「ビタミンB1」も含み、心身共に健康になっていきます。
また鉄分を含むことでオルニチンと共に肝臓の疲れを改善し、朝の目覚めが良くなっていく効果もあります。
価格も初回が送料無料の980円、2回目以降もずっと38%OFFで購入できます。

しじみにんにく極の口コミ

しじみにんにくの画像1健康診断で異常があり、慢性肝炎と言われてしまいました。しじみにんにくを飲むと身体の調子が良くなる気がして続けていたら、数値も下がってきました!(40代男性)

 

しじみにんにくの口コミ画像1仕事が不規則で栄養ドリンクをよく飲んでいました。それをしじみにんにく極に変えてみると栄要ドリンクがいらない程元気になりました。にんにく臭くないのもいい。(40代女性)

 

贅沢亜鉛牡蠣のチカラαの画像

価格 初回特別価格
980円!
一日分の価格 初回一日35円!
評価 評価4の画像
オルニチン ×
亜鉛 ◯:16mg
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス
その他の成分 マカ
高麗人参
ミネラル
ビタミン
たんぱく質
贅沢亜鉛牡蠣のチカラαのおすすめポイント

贅沢亜鉛牡蠣のチカラαは亜鉛、牡蠣エキスに特化した肝臓サプリメントです。
残念ながらオルニチンは入っていませんが、亜鉛の含有量がトップレベルな上、栄養価が高いマカと中国最古の健康の元とされる高麗人参を含み、身体の中から元気になれます。
牡蠣にもこだわり、450年の歴史がある広島県産の牡蠣を使用しているので安心して飲むことができますね。
初回が送料無料の980円、2回目以降もずっと38%OFFで購入できます。

贅沢亜鉛牡蠣のチカラαの口コミ

贅沢亜鉛牡蠣のチカラαの口コミ画像疲れがなかなか取れずに休みの日も寝てばかりでしたが、翌日まで疲れが残らなくなり大分楽になりました。(30代男性)

 

贅沢亜鉛牡蠣のチカラαの口コミ画像1雑誌で紹介されていて疲労回復にいいとあり試してみました。牡蠣の味もなく飲みやすく、身体が軽くなってきました。(40代女性)

 

やわたしじみの力の画像

価格 初回特別価格
1,080円
一日分の価格 初回一日100円台
評価 評価4の画像
オルニチン
亜鉛
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス ×
その他の成分 アミノ酸
肝臓エキス
タンパク質
ビタミン
やわた しじみの力のおすすめポイント

やわたしじみの力は、主原料をしじみ100%にこだわったしじみエキスを配合し、その中にオルニチンやLシステインなど50種類の栄養素が多数含まれています。
また今話題の肝臓エキス(新鮮なレバーを酵素で分解し、粉末化したもの)を300mgも配合し、肝臓の強化や健康維持に特化した商品になっています。
お酒好きの社長自らが開発したとの事でお酒を飲む方への配慮があり、持ち運びしやすいように一日分を個別包装にしたりとこだわった商品工夫がされています。

やわた しじみの力の口コミ

やわたしじみの力の口コミの画像お酒を飲みすぎると頭痛や吐き気がするのですが、やわたしじみの力を飲んだ後だとそれがなく、楽しい気分のまま飲み会を終われることが出来ました。(30代女性)

 

やわたしじみの力の口コミの画像1これを飲みお酒を飲んだ次の日は、胃の不快感やもやもやが全然なくて驚いた!朝食もちゃんとしっかり食べることができました。(30代男性)

 

 

プレミアムオイスターの画像

価格 初回特別価格
980円!
一日分の価格 初回一日32円!
評価 評価4の画像
オルニチン
亜鉛 ◯:20mg
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス
その他の成分 クルクミン
ビール酵母
タンパク質
ビオチン
鉄分
タウリン
ビタミン
ミネラル
アミノ酸
プレミアムオイスターのおすすめポイント

プレミアムオイスターは、牡蠣253個分の栄養が含まれたリピート率93%を誇る人気商品です。
亜鉛の含有量もトップクラスで、オルニチンも配合、その他も肝臓をサポートする成分が多数含まれています。
初回は83%OFF、2回目以降も33%OFFで送料などもかからないため、続けやすいおすすめサプリです。

プレミアムオイスターの力の口コミ

プレミアムオイスターの口コミ画像すぐ効いた!という感じはしませんでしたが、なんとなく飲み続けていました。すると3ヶ月頃から朝の寝起きが楽になり、朝から元気が出るようになってきました。(50代女性)

 

プレミアムオイスターの口コミ画像1最近前日のお酒が残るようになってきて、辛く感じていました。友人が飲んでいたのをきっかけに飲み出し、目覚めがすっきりするようになって助かっています。(30代男性)

 

 

海乳EXの画像

価格 2,052円
一日分の価格 一日68円
評価 評価3.5の画像
オルニチン ×
亜鉛
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス
その他の成分 アミノ酸
グリコーゲン
ミネラル
ビタミン
海乳EXのおすすめポイント

海乳EXは牡蠣エキスをたっぷり含み、牡蠣のエキスに含む亜鉛やミネラル、アルギニンで身体の不調を改善していくサプリです。
一袋に155個分も牡蠣が入っており、亜鉛も一日で12mgとれる計算になります。
残念ながらオルニチンが入っていませんが、亜鉛やアミノ酸、グリコーゲンがエネルギーの源になるため、肝臓が疲労した時などに効果を感じるでしょう。
一袋からお試しできるので、気になったら気楽に試せるのもおすすめポイントです。

海乳EXの口コミ

海乳EXの口コミの画像若い頃に比べ体力がガタッと落ちているのがわかり、ショックを受けていました。妻が気を使い海乳EXを勧めてくれて、飲み始めてからは仕事から帰ってもまだ元気が残っているように。休日もアクティブになりました。(40代男性)

 

海乳EXの口コミの画像1疲れがたまりやすく、毎朝気だるさを感じていました。しかし海乳EXを飲むようになり、その気だるさもなくなり、疲れも感じにくくなりました。(30代男性)

 

 

へパリーゼZの画像

価格 五日分お試し
980円
一日分の価格 一日196円
評価 評価3.5の画像
オルニチン ◯:80mg
亜鉛 ×
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス ×
その他の成分 肝臓エキス
ウコンエキス
セサミン
L-シスチン
ヘパリーゼZのおすすめポイント

ヘパリーゼZはCMでも有名な「ヘパリーゼ」の肝臓サプリメントです!
今までサプリは発売していなかったへパリーゼですが、通販限定で肝臓サプリメントの販売を開始しました。
オルニチンも配合していて、他の肝臓エキスやウコンエキスも肝臓を守るためにはとても効果的です。
しかし、お値段が高めなのと市販薬として有名なのにネット通販のみの販売は惜しいところですね。

ヘパリーゼZの口コミ

へパリーゼZの口コミ画像久々の同窓会前にへパリーゼを買おうと思ったらこれを薬局で知り、注文してみました。実際飲んで同窓会に行きましたが、悪酔いすることもなく二日酔いもなく、助かりました。(40代女性)

 

へパリーゼZの口コミ画像1何軒もはしごする上司と飲みに行く前に飲みましたが、結局次の日動けず…サプリを飲んだからって調子に乗っていつも以上に飲むのは駄目でしたね。(30代男性)

 

 

しじみんの画像

価格 4,104円
一日分の価格 一日136円
評価 評価3の画像
オルニチン
亜鉛 ×
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス ×
その他の成分 ツルアラメ
カルサイト
しじみんのおすすめポイント

しじみんは貝殻まで丸ごと入った肝臓サプリです。
青森県の十三湖からとれた貝殻を焼いて粉末にしてできた成分「カルサイト」が含まれていて、健康維持をサポートしてくれます。
肝臓サプリとしては珍しい成分が多いですが、オルニチンも配合されていてしじみを惜しみなく使用しています。
お値段が高めなのと、他の成分の少なさがちょっと試しにくいところですね。

しじみんの口コミ

しじみんの口コミ画像身体を駆使する仕事なので日々疲れ果てていたのですが、しじみんを飲むことで疲れがとれやすくなりました。(30代男性)

 

しじみんの口コミ画像1なんとなく身体が重い日が続いていたのですが、飲むと不思議と身体が軽くなり毎日元気に過ごせています。(50代女性)

 

協和発酵バイオオルニチンの画像

価格 お試し価格
500円
一日分の価格 初回一日33円
評価 評価3の画像
オルニチン ◯:800mg
亜鉛 ×
アスタキサンチン ×
牡蠣エキス ×
その他の成分 なし
協和発酵バイオ オルニチンのおすすめポイント

協和発酵バイオオルニチンはオルニチンが800mgも入った肝臓サプリです。
しかしオルニチンしか含まれていないため、肝臓サプリとしては他のサプリよりは少し物足りないように感じます。
オルニチンはトップクラスの含有量であるため、協和発酵バイオの商品を他に継続して購入している方などは、お試し価格で試せるのでおすすめです。

協和発酵バイオ オルニチンの口コミ

協和発酵バイオオルニチンの口コミ画像TVCMでやっているのを見て購入しました。出張が多いのですが目覚めがよくなり、助かっています。(40代男性)

 

協和発酵バイオオルニチンの口コミ画像1協和発酵バイオの違うサプリを飲んでいるのでお試しで購入。あまり即効性はないようで効果はまだよくわかりませんが、身体には良いようなので続けようと思います。(40代女性)

肝臓サプリで効果がある成分を成分量で比較!

肝臓サプリをランキングで紹介しましたが、次は各成分の含有量が多いものをピックアップしてまとめてみました!
値段など関係なく「この成分が多いものがいい!」というものがあったらぜひ参考にしてみてください。

 

オルニチン

オルニパワーの画像

 

オルニチンが一番多く含まれるのは、「オルニパワーZnプラス」と「協和発酵バイオ オルニチン」でした!
他のサプリよりも圧倒的に多く含まれており、その量は800mg
どのくらい含まれているのか残念ながら記載されていない肝臓サプリメントもありますが、次点で多いのはしじみ約500個分も含まれているという「しじみにんにく極」でしょうか。
ただ「オルニパワーZnプラス」と「協和発酵バイオ オルニチン」の800mgをしじみの個数で判断するとしじみは約1800個分にもなります。
これを知ると、800mgがどれだけ多いのかがわかりますね。

 

ランク1の画像 ランク3の画像
商品名 オルニパワー
Znプラス

オルニパワーの画像

協和発酵バイオ
オルニチン

オルニチンの画像

しじみ
にんにく極

しじみにんにく極の画像

オルニチン
含有量
800mg 800mg しじみ約500個分

 

亜鉛

プレミアムオイスターの画像

 

亜鉛が一番多く含まれる肝臓サプリは、「プレミアムオイスター」でした!
その含有量はなんと20mg!
次点で多いのは「贅沢亜鉛牡蠣のチカラα」の16mg、その次が「オルニパワーZnプラス」の12mgです。
一日の摂取目安量は8〜12mgなので、どれも一日分はちゃんと摂取できてありがたいですね。

 

ランク1の画像 ランク2の画像 ランク3の画像
商品名 プレミアム
オイスター
プレミアムオイスターの画像
贅沢亜鉛
牡蠣のチカラα
牡蠣のチカラの画像
オルニパワー
Znプラス
オルニパワーの画像
亜鉛含有量 20mg 16mg 12mg

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンの画像

 

アスタキサンチンは、含まれている肝臓サプリがほとんどありませんでした。
しかし、その中でも「オルニパワーZnプラス」には唯一含まれています。
アスタキサンチンは脂肪肝の対策にも効果があるので、脂肪肝が気になっている方にとてもおすすめです。

 

ランク1の画像
商品名 オルニパワーZnプラス
オルニパワーの画像
アスタキサンチン 丸の画像

 

牡蠣エキス

牡蠣の画像

 

牡蠣エキスは、表記がないものもありますがどの肝臓サプリにもほとんど含まれています。
表記がある中で一番多いのは、「プレミアムオイスター」の牡蠣約253個分の含有量です!
牡蠣エキスを推しているだけあって、さすがの含有量です。
次点は「贅沢亜鉛牡蠣のチカラα」です。
こちらも牡蠣約181個分の含有量があります。
牡蠣エキスも肝臓サプリの中で人気の成分なので、もはや肝臓サプリの定番成分ですね。

 

ランク1の画像 ランク2の画像 ランク3の画像
商品名 プレミアム
オイスター
プレミアムオイスターの画像
贅沢亜鉛
牡蠣のチカラα
牡蠣のチカラの画像
海乳EX海乳の画像
牡蠣エキス含有量 約253個 約181個 約155個

 

肝臓サプリ比較ランキング第一位はオルニパワーZnプラス!

ランク1の画像

オルニパワーの画像

 

肝臓サプリには、オルニチンや亜鉛など肝臓にとって効果的な成分が含まれているものがたくさん販売しています。
各成分の含有量を比較してみましたが、肝臓サプリメントとしては価格などを含めて、試しやすく肝臓にいい成分がバランスよく豊富に含まれているかを重視しランキングをつけてみました。

 

その点では、やはり「オルニパワーZnプラス」が一番バランスが良く試しやすいものだと思います。
実際飲んでみた体験談も載せているのでぜひ参考にしてみてください。

 

>体験談はこちら
>オルニパワーZnプラス公式サイトはこちら

 

オルニチンとはどんな成分?効果や効能は?

オルニチンについて紹介する医者の画像

 

ランキングではオルニチンを一番多く含んだオルニパワーZnプラスが一位となりました!
ここではオルニチンについてもっと掘り下げ、オルニチンは何故肝臓にいいとされているのか、オルニチンの働きや肝臓への効果をもっと具体的にご紹介します!

 

オルニチンとはどんなもの?

オルニチンが身体を巡る画像

 

オルニチンは一種のアミノ酸で、私たちの体内に存在しているものです。
体内に存在するアミノ酸の多くはタンパク質の中に存在していますが、オルニチンはタンパク質にはならずにアミノ酸の形のまま体内で機能しています。
このようなアミノ酸を遊離アミノ酸と呼び、遊離アミノ酸であるオルニチンは肝臓にとって有毒なアンモニアなどを解毒する作用があります。

しめじの画像

脂肪肝などが増え近年注目されているオルニチンですが、実は江戸時代より知られています。
江戸時代にはお酒を飲む人に対してしじみを売る習慣があったと言われており、古くからオルニチンの効果が知られていたことが伺えます。

 

オルニチンの働きや役割は?

オルニチンの役割や働きは有害なアンモニアの分解を促進し、肝臓での解毒作用をサポートすることです。

 

アルコールなどを飲み続けると、頑張って解毒していたオルニチンも段々と足らなくなり、解毒作業ができなくなります。
そうなると有害なものはなかなか分解されず、肝臓や他の機能にもダメージを与えてしまう事になります。

 

オルニチンは肝臓の機能をサポートすることで肝臓の疲労や、身体のダメージも助けるとても大事な役割をもっています。

 

オルニチン回路ってなに?

オルニチン回路(オルニチンサイクル)は、先程言ったアンモニアを解毒する働きをのことを言います。
オルニチンは肝臓の中をぐるぐる巡り、有毒なアンモニアを無毒な尿素へと変換させ、また再生するというサイクルで働いています。

 

参考画像はこちら。

オルニチンサイクルの画像


引用元:https://lacaleche-lourdes.com/

オルニチン回路のイメージを絵で表してみたものです。
オルニチン回路は正常に働くと、絵のようにアンモニアの分解を促進し解毒してくれます。

 

しかしオルニチンが足らずオルニチン回路がちゃんと働かないと、有毒なアンモニアが解毒されず体内のアンモニア濃度が高まり、様々な病気を引き起こす可能性があります。
オルニチン回路は健康を維持するために、とても重要な機能です。

 

オルニチンの効果や効能とは?

目覚めがいい男性の画像

 

オルニチンは身体にとってとても大事なものだとわかりましたが、オルニチンを摂取すると身体にどのような効果があるのでしょうか?
オルニチンの効果や効能をまとめてみました。

 

疲労を回復

オルニチン回路によりアンモニアを解毒することで、エネルギー代謝をスムーズにします。
アンモニアは疲労の元と言われているため、アンモニアを解毒しエネルギーを代謝することで疲労回復の効果があります。

 

二日酔いの防止、軽減

オルニチンを摂取しアンモニアの解毒を促せば、二日酔いになりにくくなります。
またお酒を飲んだ日によくあるだるさなども軽減されます。

 

肝機能の改善

「オルニチンを摂取し続けることにより、健康診断で肝機能に要注意と診断された方の数値が改善した」という試験結果があります。
また、オルニチンの成長ホルモンを促進する効果により脂質代謝が改善し、脂肪肝も改善されたそうです。

 

オルニチンは肝臓の機能を改善するのに、とても効果的な成分なようですね。

 

寝つき、目覚めの改善

疲れている人ほど何故か寝つきが悪くなったりするもの。
また、疲れていると朝の目覚めも当然良くない方が多いです。

 

しかしオルニチンを睡眠前に摂取することにより、睡眠効果の改善や起床時の倦怠感が軽減されたという試験結果があったそうです。

 

美容や美肌の効果も!

オルニチンは成長ホルモンを活性化する効果があるため、アンチエイジング効果が期待できます。

 

成長ホルモンは年齢と共に分泌量が減ってしまうのですが、オルニチンを摂取し成長ホルモンを促進することで肌の再生を促し美肌を目指せます!

 

オルニチンに副作用はある?

副作用があるのか悩む人の画像

 

オルニチンが含まれるサプリメントは、薬ではなく栄養補助食品であるため、過剰に摂取したからといって何らかの強い副作用が出るということはありません。
また、オルニチンは元々体内に存在するアミノ酸であるため、初めて摂取する際もアレルギー反応などは心配しなくていいと言われています。

 

オルニチンは一日にどのくらい摂取すればいい?

 

サプリを飲む男性の画像

 

オルニチンの1日の摂取量の目安は400mg〜1000mgとされています。
このように摂取量に大きな差があるのには、体格による肝臓の大きさの違い、現状の肝臓の健康状態などが関係しています。

 

普段からお酒を飲む方は、肝臓の健康のために補助的に服用し、お酒を飲む時は少し増やすなどの調整をしながらの飲み方がおすすめです。

 

オルニチンは食物にも含まれていますが、オルニチンを含む食品として有名なシジミですらオルニチン量は約35個で10mgととても少量です。
そのため無理にシジミを食べようと考えず、バランスのとれた食生活を心がけ、不足する部分をサプリメントで補うのが理想的です。

 

肝臓サプリを飲むべき?肝臓の機能と数値の基準

肝臓の画像

 

私たちの体内でとても重要な役割をする臓器の1つに肝臓があります。
肝臓という名前を聞いたことがない人はいないと思いますが、実際肝臓について詳しく知っている方は少ないと思います。
ここでは、肝臓の持つ機能や検査方法、肝臓の病気などについてご紹介していきたいと思います。

 

肝臓とはどんな機能なの?

肝臓は、70%〜80%が「肝細胞」というもので出来ています。

 

そしてこの肝細胞で、運ばれてきた原料を化学反応によって変化させる働きをしています。
では具体的にどのような原料をどのようなものに変化させているのでしょうか?

 

アルコールや薬など有毒な物質を分解する

肝臓でよく聞く役割と言えば、やはり「アルコール」を分解してくれる事だと思います。
肝臓はアルコールや薬、老廃物などの体にとって有毒な物質を分解することで、無毒なものに変化させてくれます。
それ以外にも、脂肪の消化を助ける消化酵素である胆汁を生成、分泌する働きもしています。

 

口から摂取した食べ物を変化させて貯蔵する

肝臓は口から摂取した食べ物に含まれる糖、脂肪、たんぱく質を体内で使える形に変化させて貯蔵しています。
そして貯蔵したものは、必要な時にエネルギーとして体に供給してくれるのです。

 

健康診断での肝臓の検査方法

健康診断の画像

 

肝臓を調べる時というのは、最初は健康診断で、という方が多いと思います。
健康診断で肝臓を検査する方法は、主に2つ有ります。

 

1つは血液検査、もう1つは内臓エコーによる検査です。

 

一般的な健康診断では、まず血液検査をすることが多いでしょう。
内臓エコーによる検査は、再検査があった場合など詳しい検査で用いられる方法です。
エコーにより肝臓の状態を判断するもので、脂肪肝なども見ることができます。

 

肝臓の検査結果の見方とは?

血液検査の画像

 

肝臓の検査結果が出たらどのように見たらいいのでしょうか?
専門的な言葉が多く、特に異常が見られなかった場合は詳しく見たことがない人も多いのではないかと思います。

 

ここでは血液検査の具体的な項目と、それぞれの数値が意味する内容についてご紹介します!
それぞれの項目の適正数値については病院や診断する医師によって判断が異なりますが、基準値などを記載するので参考にしてみてくださいね。

 

ALT(GPT)、AST(GOT)
基準値:30 IU/L以下

ALT(GPT)、AST(GOT)が基準値以上、つまり31 IU/L以上の数値が出ていたら肝細胞が障害を受けている可能性があります。

 

この2つの数値は肝細胞にある物質で、肝細胞が障害を受け変性や壊死すると血液に流出するため、これらの数値が高くなると肝細胞の変性、壊死を疑います。
ただし、AST(GOT)は心臓など他の器官の細胞にも含まれているため、AST(GOT)のみが高い場合は肝臓に異常があると断定されるわけではありません。

 

ALT(GPT)も一緒にチェックし、数値に異常がある場合は速やかに病院に受診するようにしましょう。

 

γ-GTP
基準値:50 IU/L以下

γ-GTPは主にアルコール性の肝機能障害になっていないかの指標として見られています。
γ-GTPは51 IU/L以上で肝機能に異常がある可能性がありますが、お酒好きで毎日飲む!という人はγ-GTPの数値が高くなる事が多いです。

 

また、胆汁という脂肪消化に必要な液体の流れが減少または停止している場合も、γ-GTPが血液に流れるため数値が上がります。
その場合はより詳しい検査が必要となります。

 

LDH(LD、乳酸脱水酵素)
基準値:120〜240 IU/L

LDHは基準値の240 IU/Lより高い場合、肝機能障害の可能性があります。

 

LDHは上記の2つの物質と同様に、肝細胞に障害がある場合に血液に流出してくる酵素です。
しかしLDHは肝細胞が壊されることによって初めて血液中に流出するため、その数値が高ければ高いほど肝機能に障害が出ている可能性が高いです。
早めに病院に行くのをおすすめします。

 

コリンエステラーゼ(ChE)
基準値:男性→234〜493 IU/L

    女性→200〜452 IU/L

コリンエステラーゼ(ChE)は肝細胞で合成され血液中を循環しており、神経の伝達をコントロールする働きがあります。
コリンエステラーゼ(ChE)の数値が低いと、肝臓でコリンエステラーゼ(ChE)作成する能力が低下している事になるため、肝機能が低下している可能性があります。

 

また、コリンエステラーゼ(ChE)は脂質の代謝にも関連しているため、基準値より高い場合は脂肪肝などが疑われます。

 

総ビリルビン
基準値:総ビリルビン:0.2〜1.2 mg/dL

総ビリルビンは血液に含まれる黄色い色素で、肝臓内で処理され体外に出るものです。
しかし肝臓の機能に異常があり、ビルビリンが処理されず肝臓内に増えていると、ビリルビン量が高値になります。

 

肝臓機能に異常がある場合黄疸の症状が出るのは、肝機能に異常がありビルビリン量が増えているためです。

 

ALP(アルカリホスファターゼ)
基準値:100〜325 IU/L

ALPは肝臓に多く含まれる酵素です。
普段は胆汁とともに排泄されるものですが、肝臓に異常があると上手く排出されず血液に流れ、数値が高くなります。
この濃度を調べることで、肝機能に異常がないかの手がかりになります。

 

肝臓の検査の数値が悪い?!肝臓の病気とは

肝臓の病気かもと悩む女性の画像

血液検査で肝臓の数値が悪いと不安になりますよね。
では肝臓の数値が悪い場合、一体どのような病気が疑われるのでしょうか?
ここでは肝臓に起こり得る病気についてご紹介します。

 

脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまってしまう病気です。
自覚症状はあまりないため、健康診断などの指摘により気づく人が多いようです。
脂肪肝の状態が長く続くことで、肝硬変や肝がんに移行してしまう可能性があります。

 

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害はアルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎などを総称したものです。
アルコールが原因の肝障害のため、アルコールを断つことが大事になってきます。

 

ウイルス性肝炎

肝臓の数値が悪いと、食生活等の日常生活に問題があると考えられがちですが、それ以外にウイルス性肝炎の可能性もあります。
ウイルス性肝炎は主にA型、B型、C型があり、A型は飲み物などの経口感染、B、C型は血液や体液から感染します。
しかし現代ではワクチンや輸血の抗体検査により、日本での感染の可能性はだいぶ低くなりました。

 

肝硬変

肝硬変は肝臓が固くなり、繊維化してしまう病気です。
肝硬変は初期症状がなく繊維化が進まないと症状が出ませんが、繊維化が進むと様々な合併症が出てきます。
肝硬変の原因はC型肝炎が多いですが、近年脂肪肝から肝硬変になる人が増えていると言われています。

 

肝硬変になると出血による突然死のリスクや細胞ががん化するリスクも高くなるため、速やかな受診が必要です。

 

肝がん(肝細胞がん)

肝がんは最初から肝臓にガンができる「原発性肝がん」と、他の癌から転移する「転移性肝がん」があります。
日本で最も多い原発性肝がんは、C型肝炎からの移行によるものです。
それ以外にも、軽度の慢性肝炎や肝硬変からも肝臓がんに移行する可能性があります。
健康な肝臓の場合、原発性の肝臓がんになる可能性は極めて低いようです。

 

肝機能障害?肝臓の機能が低下した時に起こる症状とは

肝機能が低下した女性の画像

肝臓はエネルギーの貯蔵や解毒など、体でとても重要な役割をする器官です。
では肝臓の機能が低下すると具体的にどのような症状がおこるのでしょうか?

 

肝臓は神経が通っていないため、肝臓に異常があったり機能が低下しても痛みはありません。
その代わりに、以下の症状が現れてきます。

 

食欲不振

肝臓は消化にも大きく関係している器官です。
そのため、肝臓の機能が低下すると食欲不振や吐き気などの症状が現れることがあります。
それ以外にお酒に急に弱くなったり、尿の色が黄褐色に変わった場合も肝機能の低下が疑われます。
またエネルギーを蓄積したり脂肪を分解することが出来なくなることによって、体重減少が起こることもあります。

 

疲労

肝臓の機能が低下すると、疲れやすくなります。
何となく体がだるい、倦怠感や脱力感、微熱、眠気や不眠などの症状が続く場合は、肝臓の機能低下が疑われます。

 

黄疸

肝臓機能が低下したと目に見えて分かるのが黄疸の症状です。
黄疸になると、眼球や皮膚の色が黄色くなってきます。
日本人は黄色人種なので分かりにくいと言われていわれていますが、眼球の色が黄色くなる黄疸の症状がよくわかります。

 

その他

黄疸や疲労などの症状以外にも体のかゆみや手のひらの赤み、むくみが現れることもあります。
肌荒れやシミが増えるなど、皮膚にも症状が出ることもあるようです。
それ以外にも血が出やすくなったり、息切れがすることもあり、肝臓の機能低下からくる症状には様々なものがあります。

 

肝臓の機能を改善しよう!すぐできる肝機能回復方法

肝臓サプリメントの画像

 

健康診断で肝機能が低下していると言われた場合、改善・回復をすることはできるのでしょうか?
ここでは日常でできる肝機能の改善・回復方法をご紹介しましょう。

 

食事改善

肝臓機能が低下している場合、まず食生活を見直してみましょう。
まずはきっちり1日3食、バランスよく食事をとりましょう。
良質なたんぱく質と食物繊維をたっぷりと取り入れるように心がけるとより効果的です。
スナック菓子や洋菓子などの間食は控えるようにしましょう。

 

お酒を控える

お酒を飲むと肝臓に負担がかかります。
特に空腹時の飲酒は、肝臓への負担が最も大きいと言われています。
お酒を飲む際には、

  • 空腹時の飲酒を避ける
  • ゆっくりと飲む
  • 飲みすぎない

この3つのルールを守るようにしましょう。
また最低でも週に2日はお酒を飲まないなど、休肝日を作るようにしましょう。

 

サプリメントを飲む

肝臓サプリメントは肝機能を改善させるのにとても効果的です。
肝機能を改善させるサプリメントによく入っている成分としては、オルニチンや亜鉛が有名です。
このページにあるランキングを参考にしてみてくださいね。
>肝臓サプリランキング

 

規則正しい生活

疲れがたまると肝臓に負担がかかってしまいます。
疲れをためないためにも、規則正しい生活を心がけましょう。
十分な睡眠をとり、疲れはその日のうちにとれるのが理想的です。

 

適度な運動

肝臓機能を回復するのに、適度な運動はとても効果的と言われています。
ただし、過度な運動は逆に肝臓に負担をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

肝臓に有効な運動は、有酸素運動です。
ウォーキングや軽いランニング、水泳などがおすすめです。
無理をせず軽く汗ばむ程度に行いましょう。
1日30分程度を目安に、毎日続けるのがポイントです。

 

代謝改善

代謝が上がると肝臓の働きが活発になります。
代謝を上げるために、軽い運動や半身浴などで体を温めましょう。
基礎代謝が上がることで、カロリーを消費しやすくなり太りにくい体質になります。

 

まとめ

肝臓サプリについて、肝臓についてなど色々まとめてみましたがいかがでしたか?
肝臓自体には痛みなどは感じませんが、検査結果が悪かったのに放置しておいたり、身体の異常を放っておいたりすると、慢性化してしまったり合併症を引き起こしたりと後で大変な事になってしまいます。

 

このサイトを参考に、肝臓サプリを飲んでみたり休肝日を作るなどして、肝機能の改善に取り組んでみてくださいね。

 

ランク1の画像 ランク2の画像 ランク3の画像
商品名 商品名 プレミアム
オイスター

プレミアムオイスターの画像
贅沢亜鉛
牡蠣のチカラα

牡蠣のチカラの画像
海乳EX
海乳EXの画像
牡蠣エキス含有量 約253個 約181個 約155個